作品紹介

HOME > 作品紹介 > 2021年入選作品一覧

2021年入選作品一覧

放送局部門

忘れてはいけないこと
~認知症受刑者が問いかけるもの~

岡山放送

プロデューサー:太田和樹
ディレクター:岸下恵介

受刑者400人余りを収容する岡山刑務所。半数以上が無期懲役の受刑者で生命犯が大半を占める。塀の中では4人に1人以上が65歳以上の高齢者で、高齢化が問題になっている。特に深刻なのは受刑者の認知症だ。法務省が2015年に全国で行った認知症を調べる簡易検査では、60歳以上の受刑者のうち、認知症傾向のある受刑者は約14パーセント、全国に約1300人いると推計されている。岡山刑務所には予備軍を含め認知症受刑者が約20人いるという。80代前半の受刑者は数年前に認知症と診断された。殺人などの罪で無期懲役。年齢が分からないだけでなく、自分がなぜ刑務所にいるのか思い出せない。刑務所は認知症受刑者とどのように向き合っているのか。

NNNドキュメント’21
「毒ガスの痕 広島 ウサギ島の記憶」

広島テレビ放送

プロデューサー:岡田純一郎
ディレクター:渡邊洋輔

1941年、藤本安馬さん(94)は14歳で大久野島の陸軍養成所に入り、3年間毒ガスの製造にあたった。作られた毒ガスは中国で使用したとされるが日本軍の資料は戦後焼却されており、記録はほとんど残っていなかった。
取材を進めるうちに元兵士が個人保管していた、岡山歩兵部隊の報告書を発見した。報告書には中国・河北省の北坦村で、地下道に毒ガスを投げ入れたと記されていた。
毒ガスで家族を失った中国の遺族は、今も抱える悲しみの思いを語った。
一方で、毒ガスを使用した元兵士たちもまた戦後、自らの行為に苛まれ、苦悩していた。
毒ガスを造った人、使った人、使われた人。
毒ガスは勝者を生み出すことなく、傷痕だけを遺した。

ネアンデルタール人は核の夢を見るか
~高レベル放射性廃棄物の行方~

北海道放送

プロデューサー:山崎裕侍
ディレクター:山崎裕侍、澤出梨絵

原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる核のごみの最終処分場選定にむけた文献調査が進む北海道寿都町。国から最大20億円の交付金が支給されるが、寿都町の住民には国や町の決め方に対する根強い不信がある。核のごみは地層処分を前提としているが、人体に影響がない放射線量のレベルに下がるのは10万年後とされる。番組では核のごみによって分断されていく町民や、人生を大きく左右された男性の姿を描く。
1980年代に秘密裏に行われた処分地の調査や元研究員の証言を取材するとともに、最終処分場の適地をめぐる新たな動きも伝える。
「10万年後は安全なのか」
処分の実施主体であるNUMOトップや複数の科学者に取材し、多面的に検証する。



ケーブルテレビ部門

戦後75年目の懺悔
-私は教え子を満州に送った-

伊那ケーブルテレビジョン

プロデューサー/ディレクター:伊藤秀男

今年97歳になる南箕輪村の三澤豊さん。
青年学校教師として満州に教え子を送りだしたことを今でも悔やんでいる。
義勇軍送出日本一の長野県。
教師に満州行きをすすめられた多くの証言を交えながら、その背景と三澤さんの戦後75年に迫る。

丸裸温泉街

キャッチネットワーク

プロデューサー:上西将寛
ディレクター:山田進一、上西将寛

愛知県西尾市にある観光地「吉良温泉」。三河湾を望む年間14万人が訪れる景勝地です。しかし、新型コロナによりこの温泉街も例に漏れず大打撃を受ける事に。これまで観光客の多くを占めていた外国人観光客はもちろん、団体客が途絶え、多くのホテルが開店休業の状態に。さらには集客の“命綱”となっていた恒例の一大イベントにもその影響が…。これまでこの温泉街を支えていた衣が一つひとつ剥がされてゆきました。
未だ収束の兆しが見えないなか、外国人観光客、団体客が途絶え、観光客を呼び込むために出来ることは何か?そもそも自分たちの温泉街の魅力とは何なのか?
コロナ禍を生きる吉良温泉の一年を追いました。

英語で語る93歳の被爆体験

長崎ケーブルメディア

プロデューサー:大野陽一郎
ディレクター:深松のぞみ

18歳で被爆し、93歳となった今もなお現役の語り部として活動する男性がいます。長崎師範学校の学生だった築城昭平さんは、爆心地から1.8kmの距離にあった学校の寮で被爆しました。大けがを負いながらも奇跡的に一命を取りとめ、教員になる夢を叶えた築城さんは、仕事の傍ら、被爆体験の語り部活動を熱心に続けてきました。そんな築城さんが90歳を越えてから挑戦し始めたことがあります。それは、被爆体験を英語で語ること。自分の言葉で、世界中の人に戦争の悲惨さと平和の尊さを伝えたい。その一心で英語を学んでいます。そんな築城さんのそばには、頼もしい英語の先生の存在が。長崎から世界へ、二人三脚で挑む二人の平和への思いを見つめます。

からくり人形師

大垣ケーブルテレビ

プロデューサー/ディレクター:黒木幹大

日本に数人しかいないとされるからくり人形師、その一人が岐阜県大垣市にいた後藤大秀さん。今回、復元の依頼が入ったのが大垣市十六町で発見されたからくり人形。昭和初期までは動いていたと言われている人形です。町の人たちも見たことがないからくり芸を復活させるプロジェクトを進めている中、後藤さんは体調を崩し亡くなってしまいました。大垣ケーブルテレビでは、最後の仕事となった制作現場を1年間取材。「なぜ90を超えても現役で仕事を続けているか?」「からくり人形師という仕事に何が見えるのか?」日本のものづくりを支える職人の姿を、後藤さんの技と人柄から描きました。

成東駅列車爆破
~終戦2日前の惨事~

広域高速ネット二九六

プロデューサー:藤本健太郎
ディレクター:萩谷智弘

太平洋戦争終戦2日前の午前11時40分ごろ、米軍機が成東駅(現在の千葉県山武市)に停車中の弾薬を満載した貨物列車を機銃掃射し、18分後に大爆発。爆発の被害から駅舎や民家を守ろうと懸命に貨物車を切り離そうとした駅員、将兵42人の命が奪われた。その中には18歳、17歳、16歳、15歳、そして14歳という現在の中学生から高校生ぐらいの少年少女も多数含まれていた。
75年前の夏、なぜ成東駅の列車が狙われたのか。苦悩しながら戦後を生きた数少ない生き残りの駅員、そしてそれを語り継ごうとしている遺族の姿を通して終戦2日前に起きた惨劇に迫る。



市民・学生・自治体部門

沼山からの贈りもの

アウトクロップ

プロデューサー:松本トラヴィズ隆慈
ディレクター:栗原栄見、松本トラヴィズ隆慈

秋田の食卓に並ぶ伝統料理「いぶりがっこ」。その伝統を産み、支えたのは日本一美味しいと謳われた幻の大根「沼山大根」であった。一度途絶えたその大根の目を覚まそうとしている三人の男達はどんな想いを抱いているのか 。彼らにとってその大根は、近代化で変化し続ける農業の有り方、そして現代の私たちの生き方を問い直させてくれる大切なものであった。「沼山からの贈りもの」はそんな幻の大根を追求する男達の熱き記録である。

秘話 ~「知覧」にある米兵慰霊碑~

中央大学松野良一ゼミ 佐藤仁紀

プロデューサー:松本弥彩暉
ディレクター:佐藤仁紀

鹿児島県南九州市知覧町。かつて、ここには特攻作戦の最前線基地があった。陸軍特攻戦死者1036人の内、約半数にあたる439人が、知覧飛行場から出撃し戦死した。戦後、飛行場跡地に設置された知覧特攻平和会館には、特攻隊員の遺書・遺品等が展示されている。年間を通して、全国から多くの見学者が訪れる。そんな特攻の地「知覧」の片隅に、なぜか、米兵を弔う慰霊碑がひっそりと建っている。なぜ「知覧」に、かつての敵国兵士を慰霊する碑があるのか。私たちは様々な関係者に取材し、慰霊碑建立の背景にある謎を追った。

小さな命の意味
~大川小 語り部10年~

椙山女学園大学 栃窪ゼミ

プロデューサー:栃窪優二
ディレクター:宇治原千尋、栃窪ゼミ・学生10人

東日本大震災で児童74人と教職員10人が犠牲になった石巻市立大川小学校。名古屋にある女子大ゼミが次女・みずほさんを亡くした語り部・佐藤敏郎さんを継続取材した。佐藤さんは「この命に意味づけをしたい」(2014年)、「未来にとって意味のある出来事にしたい」(2016年)と、小学校で何が起きたのか語り継いでいる。仙台高裁の確定判決では「大川小学校は防災マニュアルで避難場所を決めていなかった」と厳しく指摘された。震災から10年が経過、なぜ児童・教職員が裏山に避難しなかったのか、その疑問に答える事実が浮き彫りになった。佐藤敏郎さんは震災10年を「たどり着いたと思ったらスタートラインだった」と振り返る。

あの日、ニレの木の下で

稚内北星学園大学 樺太プロジェクト

プロデューサー/ディレクター:伊藤龍哲、髙田康生、
戸塚竜史、麓優太、緑川大海

終戦直後、樺太北部の町、恵須取は旧ソ連軍の攻撃により戦禍に見舞われていた。住民たちは逃げ惑い避難を始めたが、恵須取町太平炭鉱病院に勤務する23名の看護師たちは患者の命を守るために最後まで町に残ることを選んだ。しかし、患者の手当てを終え、看護師たちが避難を開始した時には、すでにソ連軍が目の前まで迫っていた。「どこに行っても駄目なんだ」。遂に彼女たちは自らの純潔を守るために自決を選ぶ。この出来事は太平炭鉱病院看護師集団自決事件と呼ばれる。なぜ、彼女たちは死を選ばざるを得なかったのか。運良く生き残った元看護師の手記と証言から、事件の全容を解き明かしていく。

ねえ 私のこと、どう思う?

上智大学水島宏明ゼミ 中村未歩

プロデューサー/ディレクター:中村未歩

「私はどう思われているのだろう。」そう口にするこの作品の主人公である女性は、20歳という若さでうつ病を患っている。埼玉県北本市、田んぼと畑が広がる閉鎖的な田舎町。高校生の時にうつ病と診断され、通っていた高校を辞めた。取材中にもアルバイトに挑戦したが、うつ病によって長くは続かなかった。そんな自分の不甲斐なさに落ち込む彼女を見て、彼女の両親は涙を流しながら言う。「大丈夫。何があっても大丈夫。」命を絶とうとした過去を持つ彼女は、周りの人に支えられながら今を一生懸命生きようとしている。今まで何度も病気によって将来の夢を断念してきたが、最後に語るのは自分に合った未来への希望だった。



高校生部門

靴下を折りなさい

加古川市立陵南中学校

プロデューサー:森本紀歩
ディレクター:村上葵

「靴下を折りなさい」
これは本校で行われる服装指導のひとつです。
なぜか女子だけ「靴下を三つ折りにする」という校則があります。この校則をみんなはどう思うか改めて調査してみることにしました。
緊急事態宣言などで取材に行くことが難しい中、オンラインを活用して大学の先生や国会議員にも話を伺うことができました。
学校の校則と私達中学生はどう向き合っていけばいいのか、考えるきっかけとなりました。

境界線

兵庫県立淡路三原高等学校

プロデューサー:原眸
ディレクター:岡崎野の花、東良兼信

2020年4月の休校以来、普通の学校生活が送れなくなった中での、本校の先生や生徒の取り組みを、ドキュメンタリーとして構成しました。リモート授業の苦労や、保護者向けのライブ配信などの新しい取り組みで、学校生活を前へ進める取り組みを紹介しました。



PAGE TOP