作品募集について

HOME > 作品募集について > 審査について

審査について

審査概要

(1)審査場所 関西大学 千里山キャンパス内
(2)審査委員 実行委員会が委嘱した審査委員(下記参照)
(3)審査手順 一次審査(東西各2グループそれぞれが作品を視聴し、二次審査進出作品を選考)
  二次審査(二次審査作品をグループごとに視聴の後、東西それぞれの合議により、 最終審査進出作品を選考)
  最終審査会(東西グループ全員が集合し、合議のうえ入賞作品を決定)

※2018年度より、市民・学生・自治体部門、高校生(中学生)部門の審査委員4名が加わりました。

「地方の時代」映像祭・コンクール 審査委員

審査委員長 和田 省一
(朝日放送テレビ
名誉エグゼクティブ)
1970年に朝日放送に入社。ラジオ番組「おはようパーソナリティ中村鋭一です」、テレビ番組「サンデープロジェクト」等を制作。編成局長、テレビ朝日取締役、朝日放送代表取締役副社長、顧問を経て、2021年より現職。
審査委員 石田 佐恵子
(大阪公立大学大学院教授)
1962年栃木県生まれ。専門は映像社会学、メディア文化研究。著書に『有名性という文化装置』、『クイズ文化の社会学』『ポスト韓流のメディア社会学』(共編著)など。映像祭審査員やBPO委員などを歴任。
審査委員 河野 尚行
(元NHK放送総局長)
1939年南アルプス市生まれ、1962年NHK入局、番組ディレクタ―として長崎で研修、札幌、北見、高松、大阪、首都圏で地域情報番組を制作する。その後NHKスペシャル番組部長、編成局長、放送総局長・専務理事を歴任。
審査委員 佐藤 友美子
(学校法人追手門学院理事)
1975年サントリー株式会社入社。1998年サントリー不易流行研究所部長、2008年よりサントリー文化財団上席研究フェロー、2013年10月より追手門学院大学特別任用教授、2015年4月同大学教授、2020年6月追手門学院理事。専門は生活文化、地域文化。共著に「つながりのコミュニティ」(岩波書店)他がある。
審査委員 辻 一郎
(ジャーナリスト)
1955年、誕生間もない民間放送に入社し、主として報道畑を歩く。取締役報道局長などを経て退社後、大手前大学教授、日本マスコミニュケーション学会理事、放送研究部会長などを歴任。主な著書に『私だけの放送史』『メディアの青春』など。
審査委員 橋本 佳子
(映像プロデューサー)
ドキュメンタリージャパン代表を20年間務め、数多くの受賞作品をプロデュース。現在、テレビと映画のそれぞれで、精力的に作品を作り続けている。放送文化基金個人賞、ATP個人特別賞、日本女性放送者懇談会賞受賞。
審査委員 原 真
(共同通信社編集委員)
1962年生まれ、神奈川県出身。メディアや社会的少数者を中心に取材。著書に「テレビの履歴書」「巨大メディアの逆説」など。在日外国人の報道で貧困ジャーナリズム賞、連載「わたしの居場所」で平和・協同ジャーナリズム基金賞奨励賞。
審査委員 結城 登美雄
(民俗研究家)
東北地方を中心とした集落のフィールドワークの経験・実績をもとに、地域を調べ、地域に学ぶことから始まる地域づくりの方法として「地元学」を提唱。著書に「山に暮らす 海に生きる」「東北を歩く~小さな村の希望を旅する~」など。

市民・学生・自治体部門、高校生(中学生)部門 審査委員

審査委員 石井 裕一郎
((株)東広島ケーブルメディア
代表取締役社長)
1989年NHK入局。Nスペ「イスラム潮流」ディレクター、「その時歴史が動いた」チーフ・プロデューサーなど。大阪局在任中「地方の時代」映像祭担当。2017年退職。現職のほか賀茂鶴酒造(株)代表取締役副社長、東広島商工会議所副会頭。
審査委員 藤田 貴久
(朝日放送テレビ
プロデューサー)
1964年福井県生まれ。ラジオディレクター、記者などを経て、テレメンタリー事務局長。社会保険庁年金不正免除問題、和歌山カレー事件等を取材。ニューヨークフェスティバル、USIFVF入賞。日本民間放送連盟賞優秀賞など。
審査委員 堀川 雅子
(読売テレビ放送
チーフプロデューサー)
1993年読売テレビ入社。報道・神戸支局、司法キャップを経てNNNドキュメント担当ディレクター兼プロデューサー。07年「神戸A事件」でNYフェス銀賞・アジア映像祭グランプリ。16年「シベリア凍土の記憶」日本民間放送連盟賞優秀賞など。
審査委員 本田 邦章
(元読売テレビ放送
専務取締役)
1974年読売テレビ入社。報道部記者。87年~92年及び95年~98年ドイツ特派員として「ベルリンの壁崩壊」「ドイツ統一」「東欧革命」「ソ連解体」「ユーロ誕生」を取材。07年取締役報道局長。09年常務。14年専務。18年特別顧問を歴任。
PAGE TOP