「地方の時代」映像祭

HOME > 「地方の時代」映像祭 > 映像祭関連ニュース

映像祭関連ニュース

映画『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』公開のお知らせ

2020.01.17

第38回「地方の時代」映像祭2018のグランプリ受賞作品『菜の花の沖縄日記』(沖縄テレビ放送)が、映画『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』として全国公開されます。
2020年2月1日(土)に沖縄・桜坂劇場にて先行上映後、3月28日(土)より東京・ポレポレ東中野ほか全国順次公開。
是非、劇場でご覧ください。
 
■主演:坂本菜の花
■監督:平良いずみ(沖縄テレビ放送)
 
公式ホームページ:http://chimugurisa.net/

2019年度シンポジウムのテレビ放送のお知らせ

2019.12.13

第39回「地方の時代」映像祭2019で行いましたシンポジウムの放送日が決まりました。
シンポジウムの模様をNHKのEテレで放送いたします。
 
■TVシンポジウム 第39回「地方の時代」映像祭2019~メディアは地域の課題とどう向きあうか~
■放送日 2020年1月18日(土)
■放送時間 14:00~15:00 Eテレ・全国放送
 
シンポジウム「メディアは地域の課題とどう向きあうか」
□司   会/音 好宏さん(上智大学教授)
□パネリスト/今野 勉さん(「放送人の会」会長)
服部 寿人さん(チューリップテレビ取締役社長室長)
加藤 典裕さん(中海テレビ放送社長)
米村 秀司さん(鹿児島シティエフエム社長)

「ザ・ベストテレビ」放送のお知らせ

2019.10.8

この1年間に、国内の代表的な映像コンクールで最高賞を受賞したドキュメンタリー番組が2日間にわたってNHK BSプレミアムにて放送されます。
第38回「地方の時代」映像祭2018のグランプリ受賞作品「菜の花の沖縄日記」(沖縄テレビ放送)の制作者、平良いずみさんが出演します。コメンテーターは森達也さん(作家・映画監督)、梯久美子さん(ノンフィクション作家)、ヴァージル・ホーキンスさん(大阪大学大学院准教授)。
 
■番組名 ザ・ベストテレビ2019
■放送日時 2019年10月20日(日) 12:00~16:30
2019年10月21日(月) 13:00~16:05
 
「地方の時代」映像祭グランプリ受賞作品「菜の花の沖縄日記」は、10月20日(土)12:00~より放送します。是非ご覧ください。

「地方の時代」映像祭と情報通信学会との共催でフォーラムを開催します

2019.9.6

フォーラムのテーマは「地域による地域のための地域の映像~地域コンテンツの制作と発信を通じた持続可能な社会の創生」
開催日時:9月28日(土)13:30~17:30
場所:関西大学梅田キャンパス8階 MeRISEホール(大阪市北区鶴野町1-5)
 
近年、デジタル技術やインターネットの発展とともに、映像の制作・配信のあり方も大きな変容をとげつつあります。そのなかで地域に根ざした映像づくりは、持続可能な地域社会の創生にどのように貢献できるのか。それぞれのユニークな取り組みのもとで作られた映像を見ながら、その担い手の方々と共に考えていきます。
講演者は、高橋孝之さん(中海テレビ放送会長)ほか
2017年の第37回「地方の時代」映像祭で優秀賞を獲得した「米子が生んだ心の経済学者~宇沢弘文が遺したもの~」(中海テレビ放送制作)を14:30から上映します。

2019年受賞作品発表についてのお知らせ

2019.9.3

第39回「地方の時代」映像祭2019の受賞作品が決定しました。今月中旬に受賞作品の発表と、ご応募いただきました皆様へは選考結果をご通知いたします。

『菜の花の沖縄日記』書籍化・映画化のお知らせ

2019.8.20

この度、第38回「地方の時代」映像祭2018のグランプリ受賞作品『菜の花の沖縄日記』(沖縄テレビ放送)が、出版社ヘウレーカより書籍化されました。全国の大型書店にて販売中です。
また、2020年には映画『菜の花の沖縄日記』が全国公開されることが決定しています。

家族のもとを離れ、単身沖縄へ移住した15歳の少女が沖縄での暮らし中で、沖縄が抱える問題について自分にできることは何かを模索する日々をつづった。北陸中日新聞での連載が書籍化。
定価1,600円+税

2019年度応募作品数について

2019.7.31

今年も6月1日~6月30日まで第39回「地方の時代」映像祭2019の作品募集を行いました。応募作品数は、放送局部門145、ケーブルテレビ部門55、市民・学生・自治体部門63、高校生部門16の合計279作品。入賞作品の発表は9月中旬を予定しております。
たくさんのご応募ありがとうございました。

PAGE TOP