開催案内

HOME > 開催案内 > 開催のお知らせ

開催のお知らせ

日本放送協会、日本民間放送連盟、関西大学、吹田市、日本ケーブルテレビ連盟の五者で共同主催される第37回「地方の時代」映像祭2017が、2017年11月11日(土)~17日(金)、関西大学千里山キャンパス内で開催されます。皆様のご来場をお待ちしております。

 

映像祭開催案内

開催期日 2017年11月11日(土)~11月17日(金)までの7日間
内 容

■11月11日(土)  12:30~18:20

  • 贈賞式、記念講演、グランプリ作品上映、シンポジウム (第三学舎 ソシオAV大ホール)
  • • 12:30~14:00 第37回「地方の時代」映像祭コンクール贈賞式
  • • 14:00~14:50 記念講演「表現の自由の今」
  • □講演者/日本ペンクラブ会長 吉岡 忍さん
  • 昨年のシンポジウムに司会でご登壇いただいた作家の吉岡忍さんが、今年日本ペンクラブの会長に就任されました。そこで今年の記念講演では、現在、メディアや多くの表現者を不安にさせている「表現の自由の危機」について、日本ペンクラブ会長として何を感じておられるかをお話しいただきます。
  • • 15:00~16:00 グランプリ受賞作品上映
  • • 16:00~18:20 シンポジウム「テレビは挑戦を続ける」
  • □司    会/吉岡 忍さん(日本ペンクラブ会長)
  • □パネリスト/土方 宏史さん(東海テレビ)
  • 佐々木 健一さん(NHKエデュケーショナル)
  • 高橋 弘樹さん(テレビ東京)
  • 小田 玲奈さん(日本テレビ)
  • 今年のシンポジウムは、各地でテレビの可能性への挑戦を続ける30代~40代の若き制作者4人に集まっていただきました。「ドキュメンタリー」「バラエティ」「ドラマ」それぞれの現場で、テレビにはまだまだやれることが山のようにある。そんなことを信じて、さまざまな挑戦を続けている制作者たち。その思いを聞きながら、テレビの可能性を考えます。
  • • 18:30~20:00 交流会(100周年記念会館)

■11月12日(日) 10:30~18:00

  • ワークショップ・受賞作品上映会(100周年記念会館)
  • •10:30~14:00 ワークショップ①「高校生・大学生の映像制作」
  • □コーディネーター/橋本 佳子さん(「地方の時代」映像祭審査委員)
  • □パネリスト/和田 省一さん(「地方の時代」映像祭審査委員長)
  • □制作者/武庫川女子大学付属高校、静岡大成高校、関西大学、
  • 広島経済大学、中央大学、上智大学等の皆さん
  • 今年の映像祭にも64にのぼる高校生・大学生の映像作品が寄せられました。受賞作品は高校生6、大学生6の合わせて12作品。いずれも若い感性にあふれた作品であると同時に、戦争や日本社会の課題にまっすぐに向き合った作品です。ワークショップでは、受賞作のいくつかを題材にしながら、参加者相互で意見交換を行うとともに、高校・大学で映像制作を学ぶことの意味についても考えます。
  • •10:30~14:00 ワークショップ②「私はコミュニティチャンネルで何をめざすか」
  • □コーディネーター/河野 尚行さん(「地方の時代」映像祭審査委員)
  • □制作者/福嶋 良章さん(上越ケーブルビジョン)、
  • 小木曽 容子さん(伊那ケーブルテレビジョン)
  • 武田 尚也さん(キャッチネットワーク)
  • 永田 英彦さん(中海テレビ放送)
  • 常岡 眞衣さん(BTVケーブルテレビ)
  • 彌勒 猛さん(BTVケーブルテレビ)
  • 岡崎 信行さん(J:COM船橋習志野)
  • コミュニティチャンネルは、ケーブルテレビのいわば〝普段着〟。コンクール出品作品という〝晴れ着〟と普段着の日常について制作者はどう考えているのか。受賞作品の制作者に話を聞くとともに、ケーブルテレビの〝災害報道〟の在り方についても意見を交換します。
  • •14:30~17:30 ワークショップ③「LGBTについて大学生が取材しました」
  • □コーディネーター/井谷 聡子さん(関西大学助教)
  • □助言者/近藤 由香さん(NPO法人 QWRC(クォーク))
  • □制作者/新里 未来翔さん(琉球大学マスコミコース)
  • 伊藤 怜奈さん(上智大学水島宏明ゼミ)
  • 石川 奈津美さん(上智大学水島宏明ゼミ)
  • 今年の「地方の時代」映像祭コンクールに、LGBTについて取材 した学生の作品が3本出品されました。 映像制作を通じ学生たちは何をどう感じたのか。制作者に取材しての感想等を聞くとともに、LGBT、セクシュアルマイノリティー、多様性の確保と差別との向き合い等々について参加者全員で意見交換します。
  • •14:30~17:30 ワークショップ④「あなたは朝鮮半島の実像を知っていますか?」
  • □コーディネーター/石丸 次郎さん(アジアプレス)
  • □討論者/郭 辰雄(クァク・チヌン)さん(コリアNGOセンター代表理事)
  • 川崎 栄子さん(帰国脱北者)
  • 西村 秀樹さん(近畿大学人権問題研究所教員)
  • 核やミサイルなど一触即発の危険が強調される北朝鮮。しかし、あふれる報道の陰で私たちはこの隣国の本当の姿を知っているだろうか。植民地支配の精算、拉致問題、在留日本人の安否、さらには在日朝鮮人の人権など、日本が抱える懸案は多い。その一方、北朝鮮に対する反発や嫌悪は強く、その矛先は往々にして在日コリアンに向けられる。だが、テレビ番組の中には、これらの問題に無頓着、無自覚な番組が少なくないのも事実である。北朝鮮報道をどう考えるかを含めて、北朝鮮の実像と多くの問題点について、ジャーナリスト、脱北者、在日コリアン人権活動家とともに考えます。
  • •10:30~18:00 受賞作品上映会

■11月13日(月)~11月17日(金) 10:30~18:00

  • 受賞作品・参加作品上映会(100周年記念会館)
  • 受賞32作品のほか、一次審査を通過した約70作品を上映します。

※上記内容は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
※各日の詳細内容は決定後に順次更新します。

場 所 関西大学 千里山キャンパス内
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3丁目3番35号
TEL.06-6368-1121
参加費 無料
参加申込方法 特に参加のお申し込みは必要ありません。直接会場へお越しください。ただし、会場の収容人数を超える場合は先着順とし、会場内に入場できない場合もあります。
お問合せ先 「地方の時代」映像祭実行委員会事務局
〒530-0054 大阪府大阪市北区南森町1丁目4-19 サウスホレストビル10F
「地方の時代」映像祭実行委員会事務局
06-6363-3874(代) FAX.06-6363-3425
E-MAIL info@chihounojidai.jp

会場案内

〒564-8680 関西大学 社会学部(第3学舎)/100周年記念会館

会場地図

大阪(梅田)からのアクセス

阪急電鉄「梅田」駅から、千里線「北千里」行で「関大前」駅下車(この間約20分)、徒歩約5分。

または京都「河原町」行(通勤特急を除く)で「淡路」駅下車、「北千里」行に乗り換えて「関大前」駅下車。

京都(河原町)からのアクセス

阪急電鉄「梅田」行で「淡路」駅下車、「北千里」行に乗り換えて「関大前」駅下車、徒歩約5分。

新幹線「新大阪」駅からのアクセス

JR「新大阪」駅から地下鉄御堂筋線「なかもず」行で「西中島南方」駅下車、
阪急電鉄に乗り換え「南方(みなみかた)」駅から「淡路」駅を経て「関大前」駅下車(この間約30分)、徒歩約5分。

地下鉄利用のアクセス

地下鉄堺筋線(阪急電鉄千里線に相互乗り入れ)が阪急電鉄「淡路」駅を経て「関大前」駅に直通しています。

大阪(伊丹)空港からのアクセス

大阪モノレール「大阪空港」駅から「門真市(かどまし)」行で「山田」駅下車、阪急電鉄に乗り換え「関大前」駅下車(この間約30分)、
徒歩約5分。

PAGE TOP